この記事は約 3 分で読めます。

湿度が高くなりじめじめした日が続く梅雨の時期。
一年で一番カビが生えやすい梅雨の時期は、カビ対策に意識が向く時期でもあります。
浴室は特に気をつけないと、いくらきれいにしても梅雨の時期以外でもカビが生えやすい場所です。

そこでズボラな私がやっている年中できる浴室のカビ対策を紹介します!

年中できる浴室のカビ対策5選

①お風呂上りに50度以上のお湯を浴槽にかける

カビは50度以上のお湯で死滅するので、カビ発生の予防になります。
夜にお風呂掃除をする我が家では、お風呂掃除の仕上げとして熱湯シャワーをかけるようにしています。
お風呂上りにシャワーをかけるだけで予防になるのでとてもオススメです。

②24時間換気

浴室を濡れた状態で放置すると、カビが発生しやすくなってしまいます。
換気扇を回すことで、浴室内にこもった空気を循環させることができるため、カビ発生の予防になります。

-ここで注意ポイント-
窓を開けた状態で換気扇を回すと窓付近の空気しか循環しないため、『窓を閉めてから換気扇を回す』ことがポイントです!

③お風呂グッズは吊るすタイプやマグネットタイプにする

床や浴室の棚にたくさんのボトルが並んでいませんか。
シャンプーやボディソープの容器の裏にぬめりがあったら赤カビ発生の合図です。
吊るすタイプの風呂椅子や100円均一にも売っているボトルフックを利用するのもオススメです!
ユニテハウスの浴室は壁に磁石がつくので、いま流行のマグネットタイプの湯桶を利用することもできます。

④天井に貼るタイプの防カビ剤を使用する

定期的に交換は必要ですが、天井に貼るタイプの商品が販売されています。
ズボラな私でも貼っておくだけでカビ対策ができるのでお気に入りです。

⑤防カビくん煙剤を使用する

数ヶ月に一度定期的に使うようにしています。
ズボラなので忘れないように、スマートフォンのカレンダーにアラーム設定をしているので、定期的にスマートフォンが教えてくれます。

健康被害を起こす可能性もあるため、カビの発生対策をすることはとても大切です。
また、お風呂の耐用年数は一般的に10年から15年といわれています。
ただし、お風呂の使い方や、日ごろのお手入れやメンテナンスによって耐用年数は変化してきます。
カビ対策をすることでお風呂の寿命も延びる可能性が高くなるので、
マイホームの維持費を削減するためにも、日頃から簡単にできるカビ対策は必須です。

マイホームに引っ越す際がカビ予防対策の始め時です!

カビが発生しないように、しっかりと対策をしてはいかがでしょうか。