この記事は約 4 分で読めます。

この記事は約2年、家づくりを真剣に考えたわたしが、
これから家づくりを体験する方のお役に少しでも立てればいいなと思い、
実体験を基に書いております。


我が家の家族構成

30代前半の共働き夫婦と、イヤイヤ期全盛期の3歳の娘の3人家族です。
35歳までにマイホームがほしいと思い、マイホーム計画に費やした時間は約2年。
半年前に、ついにマイホームに引っ越しました!

今回のテーマは『トイレは2階にも必要なのか』です。

夫婦間でも意見が食い違うこの論争。
もれなく我が家でもかなり悩みました・・・・・・・。

我が家が結局2階トイレをどうしたかについては最後にお話していますが、
その答えに至るまでのプロセスを紹介したいと思います。

2階トイレのメリットとデメリット

まずはじめに、2階トイレのメリットやデメリットと費用についてまとめてみました。

2階トイレを作った時のメリット

・朝のトイレ戦争をする必要がない
家族の誰かがトイレに入っている時に我慢する必要がないので、喧嘩になりません。

・夜中にトイレに行きたくなった時に階段の上り下りをする必要がない
一度階段を上り下りしてしまうと目が覚めてしまうので、
すぐ行ける2階トイレは便利です。

特に子どもが小さいうちは、お漏らしする可能性があるので、
すぐに行ける2階トイレのありがたみを実感しやすいです。

2階トイレを作った時のデメリット

・トイレ掃除が大変
1階トイレは定期的に掃除しているのに、なぜか2階トイレは面倒くさくて放置しがち(ズボラな私のことです)。
使う頻度が低いと掃除もあまりしないので、いざ掃除しようとした時に、かなり汚いです。

・子どもが巣立ったあとに使わなくなる可能性がある
実家のトイレがまさにこの状態です。
一緒に住む家族の人数が少なくなると必然的に2階トイレの必要性がなくなってきます。

2階トイレを設置する際の金額について

新築する際に2階トイレを採用して設置するのと、
あとからトイレを増設するのでは金額が異なります。

  • 新築時に2階にトイレを設置する場合は25万程度
  • 増設する場合は50万から100万程度
    (大規模な配管工事を必要とする場合は100万程度かかることもあります)

将来的に2階トイレがほしいと思っている場合は、
新築時に設置したほうが金額的にはお得ということです。

2階トイレをどうするか?
決定までのプロセス

我が家の家族構成は夫婦と3歳の子どもの3人家族です。
2階トイレをどうするか、決定するのに1番優先にしたのは『朝のトイレ争奪戦です。私も夫も家を出る時間が同じなので身支度の時間帯もほとんど同じです。
以前からトイレ時間もかぶりがちでした。その上、子どもも一人でトイレを使うようになれば渋滞するのは目に見ています。朝のトイレはリラックスしてゆっくりしたい私の意見に夫も同意する形で、我が家では2階トイレ採用となりました。

1階トイレのみの場合と比べると、2階トイレを採用することでその分コストアップしましたが、後付けではもっと高くなるし、トイレ掃除は「分担してがんばる!」と夫も言っていたので、話しがまとまりました。

2階トイレを採用して思ったこと

実際に2階トイレを採用した我が家は今のところつけて良かったと思っています。
寝室が2階にあるので、朝方にトイレに必ず行く夫は2階トイレのヘビーユーザーになっています。
寝室がトイレから近いので、トイレの流す音が聞こえて目が覚めることはありますが、今のところ苦ではありません。音に敏感な方は、2階トイレの位置もしっかりと考えた方がいいかと思います。

トイレ掃除は2ヶ所になりましたが、夫婦で分担してやるようにしたので、
今のところ苦にはなっていません。夫がサボらなければの話ですが・・・・・・。

最近のトイレ事情について

2階トイレはあると便利ですが、子どものいるご家庭では、あえて2階にトイレを設けないという選択をする方も増えているそうです。

なぜかというと、2階にトイレを設置してしまうと、1日のほとんどを2階で過ごせるようになってしまいます。そのため、せっかくの休日にもかかわらず子どもと顔を合わせる時間がないという状況を作ってしまう恐れがあるからです。

家族と過ごす時間を大切にしたい場合は、あえて2階にトイレを設置しないのも選択肢の一つかもしれません。


我が家の2階トイレの話がみなさんの家づくりに少しでも役に立てば幸いです。
他にも家づくりについて記事を書いておりますので、ぜひご覧ください。