この記事は約 4 分で読めます。

近年、室内でも熱中症にかかるケースが増えています。
子どもやお年寄りのいる家庭ではより注意が必要ですよね。

室内の気温が上がるのは窓から差し込む太陽光が原因と言われていること知ってましたか?

日当たりのよい南向きの部屋、西日が差し込む部屋など、時間帯によって光の入ってくる部屋は変わります。窓が大きいと、それだけ光も多く入ります。光とともに熱も一緒に入ってくるため、窓面積の大きさに比例して、室内の温度が上がりやすくなります。

特に夏場は、およそ7割の熱が窓から入ってきます。逆にいえば、窓周辺の対策を行えば、熱の流入を大幅に防ぐことができるということです。

直射日光をさえぎる工夫をすれば、室内の温度上昇を防ぐことにつながります。結果、エアコンの設定温度を必要以上に下げる必要がなくなりますし、節電になります。
電気代を気にして冷房の使用を抑えている人も多いのではないでしょうか。熱中症予防のためにも、電気代を心配しすぎることなくエアコンを使用できるよう、日差し対策をしっかり行っていきましょう。
この記事では室内の気温を下げるための参考になるようにしたいと思います。

簡単にできる日差しアイテムをいくつかご紹介します。

・遮光カーテン、ブラインド

・断熱シート

・すだれ

・グリーンカーテン

・シェード

このように様々なアイテムがあります。それぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。 

遮光カーテン

暗い色だけなのかなというイメージがあった遮光カーテン・ブラインドですが、白やグレー、ベージュなど様々なカラーが販売されているようです。一般的な家具やインテリアのお店でも手に入れやすいのもメリットです。遮光カーテンには等級があり、様々な種類があるようです。性能が高ければ高いほど、光は遮断できます。しかし、日中家にいる家庭や在宅ワークの方は一日中照明を付けなければならないため不向きかもしれません。

断熱シート

窓に貼るタイプの断熱シートも手軽にできる対策のひとつです。夏用、冬用、オールシーズン用といった、季節に合わせたシートが各種販売されていますので、夏用を選んで使用してみましょう。UVカット機能が備わっており、夏の強い紫外線を防いでくれます。UVカット機能、女性はかなりうれしい…水で貼るタイプや粘着テープで貼るタイプがあり、簡単なDIY感覚でできるのもポイントが高いですね。

すだれ

今のところほとんど手軽と言っていますが、こちらもかなり手軽にできる対策。日本の夏感があります。ですが、個人的にはインテリアや外観などこだわっているのに、すだれはちょっと合わないかも…と感じてしまいます。

グリーンカーテン

ゴーヤや朝顔、ヘチマ、ひょうたんなど、夏に生育するつる植物を利用したグリーンカーテンは見た目も涼やかです。ただ、たくさんの葉を茂らせて大きく育てるためには、手入れが必要なところが難点です。そして気になる人は気になる虫問題。虫が苦手な人には向いてないかもしれません。ですが、葉の蒸散作用で空気を冷やす働きがあるそうです。エコで地球温暖化防止にもなるところもポイントですよね。

シェード

まだ聞いたことがない方もいるかもしれませんが、きっと見たことはあるシェード。こちらは外に設置するもの。外で太陽光をカットすることが一番効果的なのだそう。工事不要で取り付けができ、気軽に利用できます。色柄も豊富で建物に合わせて選ぶことができるのもポイント。くるくると収納できるので、必要な時だけ出せるところもポイントです。

まとめ

さまざまな対策アイテムがありますが、金額や環境によっても最適な対策が異なります。今回のアイテムを利用することで、冷房の使用時間が短縮でき、電気代も抑えることができます。メリットデメリットをそれぞれじっくり考えて実践してみてください。一緒に節電しながらおうち時間をもっと快適に過ごしましょう。