この記事は約 3 分で読めます。

現代の住宅は気密性が高くスキマ風が減り、冬でも暮らしやすくなりましたが、換気が十分に行えず空気がこもりがちになっています。
また湿気や空気の汚れがダニやカビの原因となり、さらにウィルスが停滞することで健康に被害を与えることもあります。
また、換気を行わず二酸化炭素の濃度が高くなると、外出した時は調子が良いのに、室内に戻ると調子が悪くなってしまうこともあります。

健康被害出ないためにも、その住宅に合った換気方法を考えることが必要です。
2003年からは「24時間換気」を行う設備の設置が法律で義務付けられ、2時間で1回以上の換気が行われるようになりました。

機会換気には3つの方法があり、そのうち「第一種換気」が特に注目を浴びています。第一種換気とは、1台か2台の給排気換気扇を配置して、給気と排気を機械で行うものになります。

新しい住宅には換気システムが備わていますが、ウィルスの対策にも換気は重要になりますので、換気で気を付けたい具体例を挙げていきます。

空気の流れを知る

空気を動かす際は、当たり前ですが空気の入り口と出口を作ってあげることが必要です。窓を1か所開けたとしても、中の空気を外に出す経路を作らなければ潤滑な空気の移動が行われません。
特に冬は、窓を開けて寒くなったから空気が入れ替わったと思いがちですが、熱が逃げているだけで換気まで行われていないことがあります。

窓を開けて自然換気を行う際は、直線状にある窓同士を開けたり近い窓を開けるより、対角線上ある窓を開けた方が広範囲に空気が流れていきます。
また、部屋に複数の窓がある場合はすべての窓を開けた方が複雑に風が回るため、空気がこもりがちな場所にも有効です。

空気がこもりがちな場所を知る

風が通りにくく、空気がとどまりやすい場所はお部屋の角や背の高い家具の上などになります。
ポイントとしては、ほこりがたまりやすい場所ほど空気がとどまりやすいことです。
家具の配置などでどうしても風が通らない場所はできていますので、そういった場所の空気を流すためにはサーキュレーターなど、風を起こす装置を設置することがおすすめです。

サーキュレーターは、夏や冬に部屋の上下で温度が変わる場合に使うことで温度を一定にするなど、一年中使う場面があります。

まとめ

換気は、2003年から「24時間換気」の設置が義務付けられたことで新しい住宅には必ず設置されていますが、生活をするうえで設置する家具や家電で空気がこもる場所でできてしまいます。
また、空気がこもることでウィルスやカビ・二酸化炭素が溜まり、健康被害が発生することがあります。
定期的に窓を開けての換気やサーキュレーターを使うことで空気を循環させることができます。

お家の中でも健康に気を使っていきましょう。