この記事は約 4 分で読めます。

日ごろから花粉症に悩まされている方は多いのではないでしょうか。
特に、この季節になるとヒノキやスギの花粉に苦しんでいる方が多いと思います。
筆者も、目薬を片手にティッシュも抱えながら仕事をする日々を送っております…
そこで、今からでもできる簡単な花粉症対策を紹介していこうと思います!

その前に、花粉が飛びやすいといわれている気象条件を知っておきましょう!

  1.晴れまたはくもりの日
  2.前日に雨が降った日
  3.日中の最高気温が高めの日
  4.湿度が低く、乾燥した日
  5.風が強い日

上記の日に気をつけて、自分のライフスタイルにあった対策を取りましょう。

花粉症対策

~外出時~

花粉は顔まわりに付きやすいです。
そのため、できるだけ花粉が顔に触れないように、マスクや帽子、眼鏡をつけましょう。
花粉は肌荒れの原因にもなります。

~帰宅後~

家に入る前に玄関の前で服や髪をよく払ってから室内に入りましょう。
うがいや洗顔なども効果的です。
室内に持ち込んでしまうと、下に花粉が落ちてしまい、それを寝ているときに吸い込んでしまうため、症状を悪化させてしまいます。

~服装~

ウール素材などの凸凹した表面のものは花粉が付きやすく、室内に持ち込みやすいため、
ナイロン素材などの、できるだけツルツルとした素材の服を一番上に着るようにしましょう。静電気防止スプレーなどで花粉を衣類につかないようにするのも効果的です。

~洗濯物~

花粉の多い時期に外干しは絶対NG!
せっかく洗濯してきれいにしたのに花粉が付いたら台無しです。
室内干しか乾燥機を使うようにしましょう。
室内干しでスペースが無いという方には『エアフープ』がオススメです。
天井に固定金具を設置する必要がありますが、ポールと竿は簡単に着脱が可能なので、
使用時以外は取り外すこともできます。
もちろんユニテハウスでは標準仕様で採用されています。スマートユニテにはオプションで付けることができます。

~室内~

ドアやサッシはしっかりと閉めておきましょう。
外から持ち込まれた花粉を除去するためにも、こまめな掃除が大切です。
もし換気をする場合は、窓を全開にしないようにしましょう。
そして、花粉の飛散量の少ない早朝や深夜に行うのがオススメです。

~食事・生活~

乳酸菌や発酵食品、食物繊維を摂取し免疫力を高めるようにしましょう。
アルコール類やタバコはアレルギー症状を悪化させる原因となるので控えてください。
不規則な生活やストレス、睡眠不足は自律神経を乱してしまうので、規則正しい生活を心がけましょう。

~設備~

フィルターの性能が高い空気清浄機の設置をオススメします。
花粉を持ち込みやすい玄関に設置するのが良いかと思います。
換気扇やエアコンのフィルターにも花粉が大量についているので、2ヶ月に1回は掃除をするように心がけましょう。
花粉をカットする網戸や換気扇の製品がありますので、ぜひ検討してみてください。

~ワセリン~

ワセリンは保湿剤としてよく使われていますが、花粉対策にも使用できます。 
ワセリンの油分が花粉をキャッチして侵入を防いでくれるからです。
鼻に塗る場合は入り口付近に薄く塗りましょう。症状がひどい場合は穴の中まで塗るのも良いです。目の周りは、一周するように目の下とまぶたに塗ります。その際、ワセリンが目に入らないように気を付けてください。
※いずれも肌の弱い方は炎症が起こらないか確認してからお試しください。塗り替えも忘れずに行うようにしてください。

いかかでしたでしょうか。
ここに書いた対策はほんの一部にすぎません。
自分にでもできそうと思ったものから、どんどん取り組んでいきましょう。
今からでもまだ間に合います!