この記事は約 3 分で読めます。

あなたが家を建てるなら一戸建て? それともマンション?
自分の理想の暮らしを叶えるにはどちらがいいの?

当然どちらにもメリット・デメリットがあります。
それを比較検討した上で何を重視したいかを考えると、どちらが自分たちのライフスタイルに合っているかが見えてくるのではないでしょうか。

子育て環境

「子どもの足音などを気にせずにのびのびとした生活がしたい」

 子どもが走り回ったり、ジャンプする足音や声を気にせずのびのびと育てられるのが一戸建ての良さです。コロナ禍の現在、お庭の需要が増えていますが、自由に庭で遊んだり、土や緑に触れたりして子どもの感性も刺激します。
 マンションのリスクとして一番に挙げられるのが音問題。
子どもの足音や声が周辺に聞こえないよう注意が必要になります。

メンテナンス

「家のメンテナンス、維持管理は面倒だと感じる」

 マンションの共用部分は管理会社が維持管理してくれるため、自ら清掃・保繕する必要はありません。
また、最近では24時間ゴミ出しができるマンションが多いため、ゴミの日まで待つ必要がないのも大変便利です。
毎月の管理費の支払いは必要ですが、忙しい共働きの家庭などにとっては維持管理の負担が少ないことは重要なポイントです。
 一戸建ては自分で計画的に修理や補修を行う必要があります。
外壁や屋根、設備機器などの劣化や故障に備えて、自分で手配をします。
もしもの時もメンテナンス費用も積み立てておけば安心です。

セキュリティ

「外出中に留守にしている自宅のことが気になる」

 マンションは共有玄関がオートロック完備であることが多く、見ず知らずに人が勝手に自宅玄関口までくることはありません。カメラ付きインターホンで自宅から訪問者を確認した上で共有玄関を開けます。そのため、空き巣はもちろん、勧誘やストーカーなどの不審者の侵入を阻止できる点で安心感があります。加えて、共用エレベーターや共用玄関部分に防犯カメラが設置されているマンションも多く、犯罪の抑止力となります。
以上のように、セキュリティを高める様々な設備が整っている点はマンションの大きな魅力と言えます。
 玄関や窓など開口部の多い一戸建ては、空き巣などのセキュリティ対策を自分自身で行う必要があります。録画機能付きのインターホンや防犯カメラの設置、さらにセキュリティ強化をするなら警備会社のホームセキュリティの利用も検討すると安心です。

立地

「交通利便性を重視してできるだけ駅近に住みたい」

 マンションは比較的駅近物件が手に入りやすい。マンションは利便性重視で建てられることが多いので、駅近物件や駅直結の物件が見つかる可能性が一戸建てに比べて高い。
一戸建ては暮らしたい環境を選びやすい。時期によって様々な土地が出る。
駅に近い便利な街なかから、ゆったりとした郊外まで、自分が暮らしたい環境に合わせて物件を選びやすいのが一戸建てのメリット。

ここまで4つのポイントを比べてきました。
マンション、一戸建てそれぞれのメリットがあり、デメリットがあります。
何を一番重要視するのか、ご自身のライフスタイルやご家族に合わせて考えてみましょう。
今だけでなく、これから先の予定やどんな暮らしをしたいのかを考えるとどちらがあっているのか見えてくるかもしれません。