この記事は約 3 分で読めます。

今だからこそやってみるおうちメンテナンス

世界中で新型コロナウィルスが猛威を振るう今、世間的に外出自粛の波がだんだんと緩和されていく流れになってきていますが、自粛が緩和されてもコロナの脅威がなくなったわけではありません。
むしろ、コロナに対しての緊張がだんだんと薄れることで、感染のリスクが増える傾向にあります。
自主的に外出自粛を行う方は自宅で何をしようかと悩まれると思います。
そこで、時間に余裕がある今だからこそしようと思えるおうちのメンテナンスをお伝えいたします。

ウッドデッキのメンテンス

木材で作られているウッドデッキは、定期的なメンテナンスが必要です。
難しそう?いえ、そんなことはありません!
見た目、耐久性を良い状態に保つためにもぜひチャレンジしてみましょう。

 定期的なメンテナンス

1.ホウキで砂ぼこりや落ち葉などを掃く

砂ぼこりには”腐朽菌”という木材を腐らせる菌が含まれています。
ウッドデッキの劣化を防ぐためにも、こまめに行いましょう。

2.ささくれのチェック

木の乾燥でできる”ささくれ”。見つけたら、サンダーや紙やすりで均しましょう。

季節の変わり目には、ウッドデッキを丸洗い

①ホウキで砂ぼこり、落ち葉、ごみを掃除する
②デッキに水をまんべんなくかけ、汚れを浮かせる。
③バケツに水と中性洗剤をいれて泡立て、タワシやブラシでよこれを落とす(こまかいところは歯ブラシなどで)
④水で洗い流して完了!

 1~2年に1回は塗装にチャレンジ!

①上記要領でウッドデッキの丸洗いを行う
②2~3日かけて乾燥させる
③マスキングテープで塗らない場所を養生
④木目に沿って重ね塗りをする

「手すり」→「柱」→「フェンス」→「床」のように上から順に
必要な道具

・オイルステイン等の塗料
 ※ペンキではなく、専用のオイルステインを使用してください。
・うすめ液
・ハケ
・マスキングテープ

2~3回重ね塗りをすることで、色むらが無くなり耐久性を上げることができますよ!

以上がウッドデッキのセルフメンテナンスになります。
定期的なメンテナンスは非常に簡単です!塗装も1~2年に1回のペースでも見た目や耐久性を良い状態にできるので挑戦してみてください!